‘2014/06’ カテゴリーのアーカイブ

屋外の愛車を綺麗に保つ

2014/06/20

車はしっかりと定期的に点検を行なう事で綺麗に保つ事ができます。雨の日など、濡れた状態で車を放置してしまうと、後に「水アカ」として跡が残ってしまい、汚い見た目になってしまいます。しっかりと手入れをしていないとそういった面で不衛生感が出てくるので、愛車を綺麗な状態にしておきたいという事であれば出来るだけ雨の日の手入れは欠かさずに行なう事が望ましいと言えます。水アカの原因は文字通り水が要因である事が多いのですが、これは自分の手入れによってしっかりと予防する事も出来るので、欠かさず行なう事がおすすめです。
水アカの解消法法としてはやはり、濡れた跡の水の処理です。車に水滴が付着したまま放置すると、その水はやがて蒸発してしまいます。しかし、車にはワックスや排気ガス、ゴミや油などのさまざまな成分が付着している事が多いため、水が蒸発しても余計な跡が残ってしまいます。それが水アカとして残る原因ですが、濡れた跡にしっかりと拭き取る事でまったく綺麗な状態にする事が出来ます。特に屋外ではなく、屋根のある駐車場をお持ちの方は、車庫にしまったらすぐに拭く事が出来る様に車内に専用のタオルやアイテムを用意しておくのが良いのではないでしょうか。

素早い洗車で汚れを防ぐ

2014/06/20

水アカクリーナーを使うことで、ある程度水アカを落とすことができるでしょう。しかし、そもそも水アカを出さないようにするほうが良いですね。そうすれば手間や時間を失わずに済みますのでとても良いでしょう。だから、水アカを出さないようにすると良いですね。
基本的に水アカが出てくるのは、自動車のボディーに水が残っていることで出てきます。だから、それの対策をすると水アカを出さずにすることができます。それをすることができるのがワックスですね。これを使用することで、水アカを防止することができるので、しっかりと使うようにしてください。もしも雨水がはじかない状態になっている場合はワックスをかけ直すことをオススメしますね。次に、水アカ出てくるタイミングとして多いのが洗浄後です。基本的に洗浄をしたらしっかりと水分を乾拭きで拭くようにしてください。洗い流したらすぐに拭きとるようにしてください。これが乾いてしまうと水アカになり目立つことになりますので注意しましょう。ちなみに、洗浄は時間を出来るだけ短くするようにしてくださいね。そして、しっかりと水アカを出さないようにしましょう。
一応これで水アカを抑えることができます。できるだけ注意をしていれば水アカを予防することができるでしょう。それでも出てしまった場合はしっかりと水アカクリーナーを使用して綺麗にしてください。

コーティング前に水アカクリーナーを使う

2014/06/20

非常に傷つきやすくデリケートなのが自動車のボディですが、汚れも大量に付着するので常に綺麗な状態を保つためには専用のクリーナーなどを用いて洗車を行ったりワックスやコーティング剤を用いて表面を保護する必要があります。そのために使用する洗車グッズは数多くありますが、持っておくと便利なのが水アカクリーナーというその名の通り水アカを除去するための洗車グッズです。このクリーナーはただ単に水アカだけではなくそれ以外の様々な汚れの元を落としてくれるので特にコーティング作業前には大いに役立ってくれるはずです。
自動車の汚れの中でも水アカは特に取りにくい汚れの一つといわれており、それらボディーに負担を掛けることなく洗浄することが出来る水アカクリーナーは非常に役立ってくれますが、それと同時に古くなったコーティング剤やワックスも一緒に取り除くことが出来ます。自動車の塗装を保護するコーティング剤は使えば使うほどどんどん劣化していき、新しいコーティング剤を塗布する時に邪魔になってしまうので、コーティング作業の前に水アカクリーナーを使って洗浄することで自動車の表面を一度何一つない状態にして塗り斑などのトラブルを防止することが出来ます。但し商品によってはこうした効果が無いものもあるので商品選びの際は注意しましょう。

洗車グッズとコーティング

2014/06/20

簡単に落とすことができないボディの汚れの中に水アカというものがあります。、普通に洗車するだけでは全く落とすことが出来ないといわれています。特に水アカが厄介といわれている理由は水アカの性質にあり、水アカに含まれる成分が塗装やコーティング剤などと結びついてより頑固な汚れになるため、水アカを完全に取り除くためにはコンパウンドで直接削り落とすか専用の水アカクリーナーを使用する必要があります。最近は水アカクリーナーの効果もアップしており、コンパウンドよりも負担が少なく、且つ綺麗にすることが出来るようになっているそうなので、ふだんコンパウンドを使用しているという方も是非一度使ってみてください。
最近の水アカクリーナーの効果は水アカだけではなくコーティング剤などに対しても効果が出るようになったといいます。以前の水アカクリーナーは水アカにしか効果がありませんでしたが、今では水アカと一緒に古くなったコーティング剤などの皮膜も一緒に取り除くことが出来るようになっているため、水アカと結びついた古いコーティング剤を洗い流して新しいコーティング剤を塗布できる状態にすることが出来るそうです。そのため水アカ除去のためだけではなくコーティング作業前の下準備などにも水アカクリーナーは役に立ってくれるでしょう。

頑固な汚れを綺麗に落とす

2014/06/20

一見すると簡単に落とせそうに見えるボディについた水アカですが、実際には塗装表面にしっかりとくっついて洗剤では簡単に落とすことが出来ないそうです。そのため水アカを完全に取り除くためには水アカクリーナーを用いて洗浄しなければ元通りの綺麗な状態にすることは出来ないそうです。水アカを取り除くだけならコンパウンドでも綺麗に取り除くことが出来るそうですが、水アカクリーナーには他の洗車グッズには無い効果があるため、非常に綺麗な仕上がりにすることが出来るので、今までコンパウンドを使っていたという方も是非水アカクリーナーを使ってみてください。
自動車の水アカを取り除くために作られた水アカクリーナーには水アカを取り除くために様々な成分を配合して非常に綺麗な状態にすることが出来るといいます。例えば水アカを取り除くためにアルカリ性の成分を配合して水アカを変質させて取りやすい状態にすることが出来たり、古くなったコーティング剤なども一緒に落としてコーティング剤と結びついた水アカも取り除いたりと様々な効果によって完璧に水アカを取り除くことが出来る上、コンパウンドのように塗装の表面を削り取ったりすることも無くボディーの寿命を縮めるようなマイナスもないそうです。

洗浄と水アカ取りは別にして考える

2014/06/20

水アカが自動車に付いてしまった場合、注意して欲しいのが洗浄と一緒に取るということをしないようにしてください。そうなると尚更水アカがでてくることがあります。だから、水アカクリーナーを使用する場合は、洗浄と別で考えてくださいね。
洗浄で水アカ自体が落ちれば良いのですが、基本的に水アカは落ちません。それに、場合によっては洗浄で更に増えることがありますので、できるだけ水アカ処理は、洗浄をしてからもしくはした後にすることをオススメしますね。そうすることで、確実に水アカを落とすことができるでしょう。ただ、水アカクリーナーによっては確実に落ちないことがありますので注意してください。効き目が薄いとクリーナーでも取ることができないので、クリーナーの選択を間違えないようにしましょう。また、水アカクリーナーの使い方をしっかりと確認するようにしてください。間違った使い方をすると水アカを増やすことになりますし、汚れが出てきてしまうことがありますので注意です。
このように水アカクリーナーを使用するタイミングはできるだけ洗浄以外のタイミングでするようにしてください。下手に同じタイミングですると良くありません。故に、水アカを落とそうと考えているならそれに集中するようにしてくださいね。

様々な水アカへのアプローチの仕方

2014/06/20

車体に付く傷や汚れには様々な原因がありますが、その中でも水アカは非常に厄介な汚れと言われています。水アカが一度出来ると普通の洗剤を使用しても落とすことは出来ず、水を受けるたびにどんどんひどくなっていってしまうので、出来る限り水アカが出来ないようにワックスやコーティング剤を使用して水を弾くようにしたり、水アカが少しでも出来た時点で水アカを取り除くための洗車グッズを使用する必要があります。水アカを取り除く方法として水アカクリーナーが良く利用されていますが、同じように水アカを取り除くことが出来るコンパウンドとは何が違うのでしょうか。
自動車の水アカを取り除く水アカクリーナーには水アカを分解する成分が含まれており、それを利用する事によって水アカを変質させて取りやすい状態にすることが出来ます。それに対してコンパウンドは水アカを削り取って表面を綺麗にすることが出来、以前は水アカクリーナーにも含まれていたのですが、今では水アカクリーナーの効果がアップしたことで水アカクリーナーには配合されなくなったといいます。この二つの違いは主にボディーに掛かる負担にあり、水アカクリーナーよりもコンパウンドのほうがボディーへのダメージが大きくなってしまうそうです。

洗剤で落ちない汚れ

2014/06/20

納車されたばかりの新車には何かしらのコーティング剤などが使われていますが、自動車を走行を続けることによってどんどん皮膜が剥がれていって汚れや傷を防ぐことが出来なくなったり、水はけが悪くなってしまいます。水はけが悪くなるとボディーの表面に水分がいつまでも残ってしまい、水が蒸発した際中の成分が結晶化して水アカになってしまうのですが、水アカは自動車の塗装などに結びついて洗剤を使用しても取れなくなってしまうので、洗車を落とす際は何か別の方法で洗車を行う必要があります。果たしてその方法とはどのようなものなのでしょうか。
自動車の水アカを落としたいときには専用の水アカクリーナーを使用すると非常に綺麗な状態にすることが出来るといいます。水アカクリーナーには水アカの元となる成分を変質させて取りやすい状態にする成分や水アカを削り落とすコンパウンドなどを配合しており、これらを活用する事によって非常に綺麗なボディーを保ち続けることが出来ます。また商品によってはコンパウンドを配合していないボディーに優しいタイプや洗車直後の水が多く残っている状態でも使用する事が出来るタイプなど様々な商品が販売されているので、興味がある方は是非ご利用ください。

頑固な水アカを落とすために

2014/06/20

ボディにつく汚れには色々な種類がありますが、中でも水アカは非常に厄介な汚れとして知られています。水アカは自動車の塗装と結びついて中々取れなくなってしまうため、普通の洗剤では全く落ちませんし、コンパウンドで削り落とすにしても周辺の塗装もまとめて削る事になるため塗装の寿命が短くなってしまいます。そんな頑固な水アカを取り除くために開発されたのが水アカクリーナーという洗浄液で、頑固な水アカも確実に落とすことが出来るといいます。
自動車専用の水アカクリーナーには水アカの元となる成分を変質させて取りやすくする成分が含まれており、それを浸透させる事によって水アカを取り除くことが出来ます。以前はより効果を高めるためにコンパウンド剤を含んだ商品が多かったようですが、最近は洗浄液そのものの効果が上がってきたこともあってコンパウンドを使用していない商品も多く出始めており、人気も高まっています。また水アカ以外の汚れや古くなったワックスやコーティング剤をはがす効果がある商品も数多く販売されているので、ただ水アカを取り除くだけでなくコーティング剤やワックスを取り除いて新しいコーティングを施す際の前準備を行うといった使い方も出来るので、是非お試しください。

最近の投稿