‘2016/02’ カテゴリーのアーカイブ

警告標識の違い

2016/02/09

海外では走行する方向が逆になったりと実際のところは警告標識に注意することが重要であり、交通におけるマナーはきちんと順守しておく部分が求められます。また標識は横書きが主であり、見逃せば次の機会に見かけることが難しくなっていくので、事前に標識の種類を把握しておく部分が大事なのです。さらに日本と海外での明確な違いとしては、使用されるカラーリングの使い分けが挙げられます。


特に警告標識は事故に関与していく内容が出ていくことから、その後の動きに従って注意していくような動きをもたらしていく部分が大事になります。こういった細やかな差を明確にしていくことで、海外で運転をする際にも問題なく行動をする可能性が生まれていきます。既存のデータをしっかりと見ながら、役に立つ内容がどういう部分に存在しているのかを知ることで、最高の結果を自らでもたらす方向性にもつながります。
さらに海外で自動車におけるトラブルに遭う場合でも、冷静になった対応に当たることが重要です。先ほど述べた警告標識の問題に関与する内容と照らし合わせて、自分自身の状況が説明できれば、優位にその場を後にすることができます。期待に応えられる状況をまずは演出していくことが重要です。

案内標識の違いと特徴

2016/02/09

自動車で外出する機会が増えるようになった現在、交通量の増加で起こる可能性を持つ事故をゼロにしていくためにも、特徴的な案内標識の存在が必要不可欠になりつつにあります。自動車と歩行者のバランスを意識しながら、誰もが安全でわかりやすい内容へと収束させることが重要になっているのです。さらに制限速度や一旦停止などの標識をドライバーが見やすい場所に設置していくことで、思わぬトラブルを回避していくような方向性にも役立っていきます。また高速道路などの有料道路はスピードを出すことが主とされている場合も見られるため、数キロごとに標識を置くといった対策も真剣に考えていくようにする事柄が重要です。事故を起こさないというドライバー側の意識も、より一層大切な内容となるのです。


その一方で夜間での運転は昼間以上に神経を使うことがかわっているため、LEDなどの電光掲示板や反射率を高める標識を取り入れる対策も重要です。GPSで現在地を知らせるようなサービスも安全運転には必要な状況となるため、案内標識自体の意図を今一度考えながら行う点が必要なのです。案内標識にまつわる雑学も、いざという際には大いに有効な手段となるため、定期的に収集してみる姿勢が大事です。

主なの規則標識

2016/02/09

海外で自動車を運転する際には、右側通行以外にも、日本とは異なる標識に注意を向ける必要があります。視覚的にわかりやすい案内標識や警告標識はともかく、重要な規則標識はしっかりと覚える必要があります。
制限速度の標識は、アメリカやイギリスではマイル表示、カナダやオーストラリアはキロ表示なので、渡航先毎に事前に確認しておきます。例えばアメリカでSPEED LIMITの文字の下に30という数字が表示されている場合、1マイルは約1.6kmなので、30x1.6=48km/hが制限速度となります。


現地でレンタカーを借りた場合、スピードメーターにはマイルとキロの両方が表示されているのが一般的ですが、咄嗟に判断するには慣れが必要です。
アメリカ特有の標識に「YIELD」があります。YIELDは「譲れ」という意味があるため、合流地点手前等にこの標識がある場合は、前方の道路を走行する自動車が優先となります。また、YIELD to PEDSという表示がある場合は、歩行者優先となります。ヨーロッパでは「GIVE WAY」あるいは逆三角形マークの端を、赤線で囲った標識が同じ意味となります。
アメリカの交差点で見かけるALL WAY STOPや4-WAY STOPは、交差点進入前に一旦停止し、先に停止した自動車から順番に交差点へ進行するというルールになっています。

交通標識の違いと見方

2016/02/09

交通標識には様々なものがあり、日本国内においても交通安全の本に載っていても、実際に目にしたことがないようなものもあります。海外においても、それは同様にあり、それぞれの国独自の用いられ方が行われています。
世界の道路標識に関しては、大きく2つに分けることができ、まず、欧州式があります。道路網が発達し、簡単に国境を超えることができることから、できるだけ記号や色彩による標識が用いられており、国が違っても理解がしやすいような作り方がなされています。


もう1つの米国方式では、原則として四角形のみの形が使用されており、地色は白または黄色となり、高速道路では緑色が用いられています。記号は誰にでも理解されるもの以外は使用されず、必ず、言葉による説明が付け加えられており、主に、米国、カナダ、中南米ではこの方法が採用されています。
海外の標識では、迷う表現になっていることも多く注意が必要となります。例えば米国では、左折禁止のマークとなっていても下に交通規制がある場合などと表現されており、他にも左折や右折専用の標識などでは、バスだけは右折をしないなどと表現されていることもあります。特徴的なのは、記号の下に必ず注釈やコメントが付いていることがあり、運転をする場合には語学力が必要になります。

駐車のしかたの違い

2016/02/09

日本には道路交通法や運送に関する様々な法律が整備されており、自動車運転関しての規則が世界で一番厳しい国とも言われています。
そのため、海外諸国に比べると、安全性への配慮から交通ルールを守る人が多く、それはマナーにも現れています。
中国やロシアなどの場合、交通ルールは日本位比べて甘い点があり、また、ルールへのモラルが低いことがあります。


ロシアでは普通に多い光景ですが、駐車スペースに引かれた白線(黄線)などの車輌停車枠線が引かれていても、これを無視し、はみ出たり、斜めに駐車して、その結果、渋滞を引き起こすなど交通での問題が多く発生しています。
日本は海に囲まれた島国で、道路が海外に比べて狭く、そのことから交通規則が厳しく、自動車運転のマナーに対しても高いモラルを持つように指導されています。
スーパーマーケットなどの人が多く集まるところでは、多くの車が駐車するため、白線内にしっかりと駐車され、バックからの後退駐車が多いですが、海外では頭から突っ込むということが多いようです。
車の止め方によって、発進時にも支障が出るため、国土の狭い日本ではとくにモラルが必要となり、海外とは必然的に異なります。
また、交通の他にもコンプライアンスレベルが高いことからルールを守る人が多いです。

交差点で注意すること

2016/02/09

交差点は、歩行者にとってもドライバーにとってもとても注意しなければならない所です。なぜなら、交差点での交通事故が多いからです。事故の原因は様々であり、前の車との衝突事故や自動車での死角での事故などです。では、交差点で事故を起こさないようにするためにはどのように注意すればいいかというと、しっかりと交差点の確認を行うことと信号や対向車、歩行者の動きをよく見ることです。たまに、交通整理がしっかりと行われていない交差点があります。そのような所では、交通にも優先順位があるためそれを守ることです。


見通しが悪く先が見えないようなところでは、万が一対向車や歩行者が飛び出てきたときに備えて、いつでも止まることができるように自動車は徐行を行うことが必要です。徐行を行っていれば、もし飛び出てきた場合などいつでもブレーキを踏むことができるため、事故を最小限に抑えることができます。ただし、ここでアクセルとブレーキを踏み間違えないようにしましょう。また、自動車も自転車と同じように、曲がる際などに前後左右の安全を確保してから曲がっていくことが必要です。事故を起こしてしまって人を殺してしまったら取り返しのつかないことになってしまうので、そうならないようにするために安全運転を心がける必要があります。

制限速度の違い

2016/02/09

日本は海外に比べて制限速度が低く設定されており、どの道でももたもた走っていると言う印象を持っている人は多いと思います。日本の場合、一般道での最高速度は60キロと決められています。どんなに見通しが良く、交通量が少ない道路でも60キロが限度なのです。しかも基本的に60キロが許されるのは、基本的に中央分離帯があり、車道と歩道が明確に独立しており、さらに4車線である場合とされています。更に街中や道幅が狭い道路では30~40キロが上限になっている事も多いのです。


では実際に海外ではスピードが出し放題なのでしょうか?アメリカの場合では郊外であれば90~110キロと日本の高速道路並みのスピードを出す事ができます。しかし映画等で見るアメリカの広く一直線の交通量の少ない道路を考えれば納得できるでしょう。しかし高速道路にあたる、フリーウェイでも100キロ前後だという事ですから市街地の55キロ規制以外は日本の高速並のスピードで走れる事になります。意外なのがスピード出し放題のアウトバーンの印象が強いドイツです。実はアウトバーンでも速度無制限期間は20%にあたるごく一部です。それ以外は、郊外道路100キロ、市街地50キロ、住宅地30~50キロとなっており郊外の100キロを除けば規制の厳しさは日本と変わらないようです。

ハンドル・走行レーンの右・左

2016/02/09

対面通行の道路では、車などを運転する時に、走行レーンが左右どちらかに決められています。また、片側複数レーンの道路では、右側通行の国では、一番右側が低速レーンで左にいくほど高速レーンとしています。日本のような左側通行の国では一番左のレーンが低速レーンで右にいくほど高速レーンとなります。
ただ、日本の場合、走行レーン等については、厳格に上記のようなルールによって道路がつくられていないこともあります。


例えば、利用できる土地に制限が多い都会の高速道路では、入り口が追い越しレーン側にあったり、同様に出口も右側のレーンよりにあることも珍しくありません。また、合流地点でも追い越しレーン側からしか合流できないところもあり、はじめて走る道路ですと戸惑う人も多いでしょう。
日本のような左側通行の国は、イギリスやオーストラリアなど少数派です。そして、左側通行では運転しやすい右ハンドル車が普通です。反対に右側が走行レーンの国は多数派で、アメリカを始めヨーロッパ大陸の国々などが採用していますが、これらの国では左ハンドル車が一般的です。なお、オーストラリアは法律で右ハンドル車しか走ることができませんので、左ハンドル車しか製造していない車種は、民間業者が右ハンドルに改造するそうです。

海外の主な交通ルール

2016/02/09

実に様々な面で日本と海外の交通ルールは異なっているため、海外で車を運転する機会がある場合はその国の交通ルールを必ず確認しておくことが大切です。例えば、アメリカの交通ルールでは「信号が赤でも右折をしても良い」というものがあります。日本の場合は右折信号が出ている時を除いて赤信号の時は右折をしてはいけませんが、アメリカでは信号が赤の時でも右折をすることが出来ます。


また、パトカーや消防車、救急車などの緊急車両が通過する時は、一般車両は車を側道に寄せて「完全停止」しなければなりません。緊急車両通過時の一般車両の扱いは、アメリカの方が厳しいのです。その他にも、「踏切では一時停止をしない」ことが挙げられます。日本の場合は踏切の前で一時停止をしますが、アメリカやヨーロッパなどの海外では「減速」するだけで一時停止はしません。万が一海外で車を運転する時に踏切前で一時停止をしてしまうと、後続車に衝突される危険性があるため十分注意しましょう。そして、日本でも大きな問題となっている「飲酒運転」は、アメリカでも特に厳しく取り締まられます。お酒を飲んで車を運転してはいけないのはもちろん、蓋の開いたアルコールを車内に置いておくのもルール違反となります。

海外では要注意!日本との交通ルールの違い

2016/02/09

国際免許を取得すれば、多くの国で自動車を運転することができるようになるため、海外旅行の際にレンタカーを使用でき便利です。しかし、国によって交通ルールが異なるため、渡航先ごとにしっかりと交通ルールを覚える必要があります。
例えば、日本では当たり前の左側通行ですが、イギリスやオーストラリア、インドなど極一部の国だけで、その他のほとんどの国は右側通行が常識となっています。走行車線は、間違えると交通事故に直結しかねないため、特に注意を要します。
制限速度は国によって異なり、ベルギーでは一般道路の速度制限が60km/hと規定されているほか、オーストリアやフランスの高速道路は130km/hが制限速度となっています。一見スピード制限が日本より緩いように感じますが、住宅街では厳格にスピードを守っている国が多く、多少スピードをオーバーするような、日本で良く見られる運転方法では危険です。


また、優先道路における認識の違いにも注意する必要があります。優先道路の優先権は絶対視されているため、優先道路を横切ろうとしている自動車があったとしても、優先道路を走行している車がスピードを落としたり譲ってくれることは滅多にありません。車の先端を出せば入れてくれるだろうというような、国内では許される運転も通用しないため、常に注意が必要です。

最近の投稿