‘2016/05’ カテゴリーのアーカイブ

ランラットタイヤの寿命とポイント

2016/05/11

タイヤ交換は車を維持していくうえで大きな出費の一つです。しかし、タイヤは車に乗っている人の命を守るためや車の安全性を高めるためにはとても重要な部分です。そのため、安全なタイヤを選びたいと考える人が多いでしょう。冬の雪道を安全に走るスタッドレスタイヤ、燃費を向上させるエコタイヤなど様々なタイヤの種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。


その中でもランフラットタイヤはタイヤにくぎなどが刺さっても一定の距離を走ることができるという特徴があります。通常のタイヤの場合くぎなどでパンクした場合タイヤの空気が抜けてしまい走れなくなってしまいます。そのため、パンクした時点でスペアタイヤなどに切り替えて修理工場まで走らなければなりません。しかし、このタイヤは一定距離パンクした状態でも走ることが可能なのでスペアタイヤなどの交換をせずに修理工場まで走ることができます。スペアタイヤへの交換が不要なため、スペアタイヤが必要なく積載しなくてよくなります。このスペアタイヤの不要なことで、積載量が軽減され燃費の向上や省資源につながります。現在ではBMWやレクサス、日産などの車に装備され普及してきているタイヤです。

タイヤがパンク!応急処置で持っておきたいキットまとめ

2016/05/11

いざ車に乗ろうと思ったときにタイヤがペチャンコだったり、車に乗っている時にタイヤがパンクしてしまう事がごく稀にあります。
耐パンク性が向上したタイヤが多いですが、構造上どうしてもパンクが起きてしまう事は有ります。
そんな時に修理出来る所がすぐそばにあれば良いですが、どうしても高額な費用が掛かってしまいますし自分で修理出来たほうが万が一の時にも安心ですし、費用の節約になり愛車への愛着も増します。
タイヤパンクを直すのはそれほど難しい事ではないのですが、道具は専門の物が必要になってきます。


昔の車にはスペアのタイヤが装備されていましたが、最近の車には装備されている事が少なくその代用として応急処置のキットが装備されているケースが多いです。
最近のタイヤは刺さっている異物を抜きさえしなければ急激に空気が抜けるという事はほとんど無いので、シガーライターを電源にするコンプレッサーで空気を入れてとりあえず凌ぐというのも手です。
本格的な修理を行う場合には、ニードル、ゴムのり、ゴムのりを塗るリーマー、刺さっている異物を抜くためのペンチ、カッターなどを用意しますが、数回分がキットになって売ってるものもあるので初めての時はそれを利用するのがベストです。

応急スペアタイヤについて知っておきたい基礎情報

2016/05/11

応急スペアタイヤは通常のタイヤより幅が狭く、設置面積が小さくできています。車の下やバンパーの内側に格納されています。グリップ力が低いスペアタイヤは規定以上のスピードや距離を走ると非常に危険です。また駆動輪への取り付けはなるべく避けたほうがよいでしょう。これはグリップ力が弱くスリップする可能性が高まり危険だからです。高速道路での使用はなるべく避け、時速80㎞以下、距離は100㎞以下にしましょう。


あくまで応急用の一時しのぎのタイヤとして、すぐに標準タイヤと取り換えましょう。スペアタイヤは保管している間、時間とともに、空気圧が減っていきますので、いざとゆう時のために、点検し、規定の空気圧に調整しておきましょう。スペアタイヤは積載してる車専用のものですから、他の車に使用するのは、やめましょう。またスペアタイヤにチェーンの装着はできません。タイヤ交換の際は、他の車の迷惑にならないように、安全で、平らな場所に駐車します。パーキングブレーキ、輪止めでしっかりと車を固定し、作業しましょう。現場でパンクを修理を不要にするための装備であり、渋滞緩和、安全性の向上のためにも必要な工夫とされ、装備が義務化されてきました。

アルミホイールのサイズと選び方

2016/05/11

念願のマイカーを手に入れて、早速オリジナルなスタイルへドレスアップしたいというビギナーのオーナーさんの中には、まずは標準装備のホイールを、アルミタイプのスタイリッシュなものに変えたい、という人も少なくないと思います。比較的手軽で、見た目に大きなインパクトがあるからかもしれませんが、その際に注意しなければならないのは、サイズの問題です。どんなにかっこ良くて好みのルックスでも、合わないものは取り付けできない、というジレンマが待っています。ホイールのリム径、リム幅、PCD、オフセット、など、チェックが必要な項目はいくつかありますので、具体的にどの部分のサイズが必要なのか、まずは専門のサイトで調べてみたり、愛車のマニュアルを確認してみるのが良いかもしれません。


せっかく気に入ったアルミホイールがあったのに、各部のサイズをチェックしてみた結果、自分の車のタイヤには合わない、という場合でも、ホイールの径を大きくする(インチアップ)等の方法もありますので、更なる検討の余地がある場合もあります。インチアップにより、使用可能になるホイールの選択肢が大幅に増える場合もあるので、デザインにこだわりがある場合は注目です。

サイズを考えて!タイヤの正しいサイズの選び方

2016/05/11

車を新車で買った場合でも数年乗っていればタイヤ交換が必要になります。交換の目安はそれぞれに設定されているゴムの量です。1本づつ規定のゴムの量がの印がありますのでその高さまでは利用できます。ただし、ゴムの量は適正でも、表面のひび割れが多い場合には交換しておくことがよいです。サイズについてはメーカーによって適正なホイール含めたサイズが決められていますが、通常は1サイズ大きな物も利用できることが多いです。


また、メーカーは日本だけでも数車あり、海外も含めるとかなりの数が用意されています。そこで選び方としては2つの観点で選ぶと良いです。1つは走行スタイル、もう1つは燃費です。走行スタイルはゆったり走るか、路面状況をしっかり知りたいかで選ぶと良いです。高性能な場合は価格が高いですが、路面に食いつくように走れますのできびきびした走行が可能ですが、減りやすいのが難点です。逆にゆっくり走るならエコな商品を選ぶと良いです。路面への食付きは少なくなりますが、普通の走りでは全く問題ありません。また、ゴムの減りも少なく、ころがり抵抗が少なくできていますので省エネ走行ができます。それぞれ自分の走り方で選ぶとよいです。

カータイヤ種類と特徴基礎知識

2016/05/11

クルマのタイヤはどれも同じだと思って乗っている人もいますが決してそうではありません。クルマはタイヤによって乗り心地からハンドリング、燃費や静粛性まで大きく変わってくるからです。カータイヤの選び方はまずクルマの種類によって違ってきます。たとえば、ワンボックスカーのように重心が高いクルマは、カーブのときにタイヤの外側がすり減りやすくなるので、タイヤの外側が内側よりも頑丈に作られている専用タイヤが良いですし、4駆やSUVならば悪路もこなすタイヤがおすすめです。


 

次に、それぞれのクルマにあったタイヤの中から、価格や性能、特徴などを比較しながら選びます。タイヤは燃費性能、グリップ性能、静粛性能、雨天時の性能など、求められる性能がいろいろあります。総合的なバランスが優れているタイヤもあれば、一部の性能により重点が置かれているタイヤもあります。たとえば、スポーツカーには静粛性や燃費が犠牲になっても、グリップ性能が高いタイヤが良いですし、ハイブリッドカーなど燃費の良さが特徴のクルマには、スポーツ性能を多少犠牲にしても燃費性能の良いタイヤが選ばれます。また、高級車には静粛性が高いタイヤが好まれます。サイズが合えばどのタイヤでも使うことができるのですが、これらのタイヤの特徴を知って、より相応しいタイヤを選ぶとドライブがもっと楽しく、快適になることでしょう。

エンジンオイルにおける粘土と等級

2016/05/11

車のエンジンオイルには、性能をあらわす表記がいくつかあり、車にあった、車の使い方にあったエンジンオイルの選定が必要です。その中で性能の指標のうち、粘度はアメリカの技術協会によって分類され、10w-30などと表記されます。まず前半の数字が小さいほど低温で固まりにくくなります。後半の数字は、高温時を表しています。数字が高いほどオイルが固くなります。


等級は、API規格とILSEC規格の2の種類があります。使用するオイルは、車にある、取扱説明書やマニュアルに記載されていますので、オイル交換の際などに確認するようにしましょう。オイルのグレードには使用可能な温度の範囲が狭い、シングルグレードオイルと、使用可能温度の幅が広いマルチグレードオイルがあります。オイルは低燃費性能の高いエンジンオイル、スポーツ走行、高回転エンジンのエンジンオイル、レース走行チューニングエンジン、極限使用下のエンジンオイルと使用する車、用途に応じて選ばなけらばいけません。エンジンの血液ともいわれエンジンにとってとても重要な潤滑油であるオイル、エンジンオイルについて知って、的確なオイルの管理を行い、常に最良な状態で、車が利用できるようにしましょう。

エンジンオイルの基礎知識!トラブル前に知っておきたい役割

2016/05/11

エンジンオイルにはどのような役割があるのでしょうか。別名潤滑油ともいわれるくらいですから潤滑効果があげられます。エンジン内部ではピストンを始め、クランクシャフトなどのシャフト類が1分間に数千回転という高速で回転をしています。もしエンジンオイルがなければ金属同士の摩擦によって摩耗したり、焼き付きを起こしてしまいます。しかしエンジンオイルにはそれ以外の働きもしているのです。

シリンダー内でピストンが動くことができるのは、両者の間にわずかな隙間があるからです。ところが隙間があればそこから燃焼によって作られたエネルギーが抜けてしまい、そのパワーが損なわれてしまいます。


 

またエンジン各部は燃焼によって高温状態になっています。エンジンオイルには冷却作用もあります。エンジン各部に送られ熱を吸収したオイルは、オイルパンに戻ってきますが、これによってエンジン内の熱を下げることができるのです。これがうまくできないとエンジンは焼け付いて動かなくなってしまいます。

またオイルにはエンジン内の清掃という役目も果たしています。ピストンの往復運動やエンジンの回転運動によって、内部では様々な汚れが発生します。これが溜まってしまうとエンジンの性能が低下するだけではなく、エンジンの寿命も縮めてしまいます。エンジンオイルには、内部で発生した汚れが特定の場所に留まらないようにする効果もあるのです。汚れを取り込める量には限界があるため、エンジンオイルは定期的な交換が必要です。

エンジンオイル実は知られていない豆知識

2016/05/11

エンジンオイルはエンジン内部の摩擦を減らしたり、冷却することによって、焼き付きや摩耗・破損などを防いでいます。ピストンとシリンダーの隙間をオイルでふさぐことにより、エネルギーの消費ロスを防ぐことができます。エンジン内部では燃料の燃焼によって水や酸が発生しますが、オイルで金属表面に膜を作り、サビや腐食からエンジンを保護しています。オイルはエンジン内部を循環しながら汚れを落としていきます。オイルの種類や車種によって異なりますが、オイル交換は一般的に5000kmが目安となります。


軽自動車やターボ車の場合はオイルの劣化が早いので、普通車よりも早めにオイル交換を実施した方が良いです。交換を怠って劣化したオイルは粘度が高くなり、循環不良を起こすことがあります。エンジンを焼きつかせてしまい、車両火災を引き起こすこともありますので非常に危険です。オイルの容器には「5W-30」や「0W-20」など、性能をあらわす表示が記載されています。一番左側に記載されている数値が小さいほど、低温状態でも固まりにくいことを表しており、0Wはマイナス35度、5Wはマイナス30度、10Wはマイナス25度の状況下でも本来の性能を発揮することができます。数値が小さいほど、エンジンを始動する時の負荷が小さく、燃費も良いです。右側の数値は高温時の粘度を表しています。数値が高いほどオイルが固いことを意味しています。

エンジンオイルとタイヤ交換をこまめにする理由

2016/05/11

車を長く、そして安全に運転、作動して利用するために気をつけないといけない点が幾つかあります。
自動車学校でも習う、運行前点検。そして、定期点検が義務付けられています。
車には様々な部品があり、やはりこれらの部品も定期点検と交換が必要になります。
特に交換頻度として多くなるのが、エンジンオイルとタイヤ交換が多くなります。
タイヤ交換は、タイヤの磨耗や劣化もありますが、釘を踏むなどによるパンクもよくあります。
タイヤ交換定期定期に行うことで劣化によるパンク、バーストを未然に防ぐことが出来ます。
タイヤが悪いとハンドルを取られることもあり、非常に危険になります。


 

また、オイルは文字通り、エンジン内部のシリンダーの動きをスムーズにするためのオイルとなります。
走行距離や経過月数を目安に交換を勧められますが、交換前後のオイルを見ると明らかに違いに驚きます。
エンジンは車のいわば、心臓であり、オイルは血液にたとえられます。サラサラの血液で心臓の負担をなくして、長持ちさせながら、燃費効率も変わってきます。
タイヤやオイルはどちらも車の安全を確保するには、いずれにしても、運転するあなた、そして同乗者だけでなく、周りの方々の安全を確保するために定期的な交換が必要です。

最近の投稿