交差点で注意すること

交差点は、歩行者にとってもドライバーにとってもとても注意しなければならない所です。なぜなら、交差点での交通事故が多いからです。事故の原因は様々であり、前の車との衝突事故や自動車での死角での事故などです。では、交差点で事故を起こさないようにするためにはどのように注意すればいいかというと、しっかりと交差点の確認を行うことと信号や対向車、歩行者の動きをよく見ることです。たまに、交通整理がしっかりと行われていない交差点があります。そのような所では、交通にも優先順位があるためそれを守ることです。


見通しが悪く先が見えないようなところでは、万が一対向車や歩行者が飛び出てきたときに備えて、いつでも止まることができるように自動車は徐行を行うことが必要です。徐行を行っていれば、もし飛び出てきた場合などいつでもブレーキを踏むことができるため、事故を最小限に抑えることができます。ただし、ここでアクセルとブレーキを踏み間違えないようにしましょう。また、自動車も自転車と同じように、曲がる際などに前後左右の安全を確保してから曲がっていくことが必要です。事故を起こしてしまって人を殺してしまったら取り返しのつかないことになってしまうので、そうならないようにするために安全運転を心がける必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿