屋外の愛車を綺麗に保つ

車はしっかりと定期的に点検を行なう事で綺麗に保つ事ができます。雨の日など、濡れた状態で車を放置してしまうと、後に「水アカ」として跡が残ってしまい、汚い見た目になってしまいます。しっかりと手入れをしていないとそういった面で不衛生感が出てくるので、愛車を綺麗な状態にしておきたいという事であれば出来るだけ雨の日の手入れは欠かさずに行なう事が望ましいと言えます。水アカの原因は文字通り水が要因である事が多いのですが、これは自分の手入れによってしっかりと予防する事も出来るので、欠かさず行なう事がおすすめです。
水アカの解消法法としてはやはり、濡れた跡の水の処理です。車に水滴が付着したまま放置すると、その水はやがて蒸発してしまいます。しかし、車にはワックスや排気ガス、ゴミや油などのさまざまな成分が付着している事が多いため、水が蒸発しても余計な跡が残ってしまいます。それが水アカとして残る原因ですが、濡れた跡にしっかりと拭き取る事でまったく綺麗な状態にする事が出来ます。特に屋外ではなく、屋根のある駐車場をお持ちの方は、車庫にしまったらすぐに拭く事が出来る様に車内に専用のタオルやアイテムを用意しておくのが良いのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿