応急スペアタイヤについて知っておきたい基礎情報

応急スペアタイヤは通常のタイヤより幅が狭く、設置面積が小さくできています。車の下やバンパーの内側に格納されています。グリップ力が低いスペアタイヤは規定以上のスピードや距離を走ると非常に危険です。また駆動輪への取り付けはなるべく避けたほうがよいでしょう。これはグリップ力が弱くスリップする可能性が高まり危険だからです。高速道路での使用はなるべく避け、時速80㎞以下、距離は100㎞以下にしましょう。


あくまで応急用の一時しのぎのタイヤとして、すぐに標準タイヤと取り換えましょう。スペアタイヤは保管している間、時間とともに、空気圧が減っていきますので、いざとゆう時のために、点検し、規定の空気圧に調整しておきましょう。スペアタイヤは積載してる車専用のものですから、他の車に使用するのは、やめましょう。またスペアタイヤにチェーンの装着はできません。タイヤ交換の際は、他の車の迷惑にならないように、安全で、平らな場所に駐車します。パーキングブレーキ、輪止めでしっかりと車を固定し、作業しましょう。現場でパンクを修理を不要にするための装備であり、渋滞緩和、安全性の向上のためにも必要な工夫とされ、装備が義務化されてきました。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿