制限速度の違い

日本は海外に比べて制限速度が低く設定されており、どの道でももたもた走っていると言う印象を持っている人は多いと思います。日本の場合、一般道での最高速度は60キロと決められています。どんなに見通しが良く、交通量が少ない道路でも60キロが限度なのです。しかも基本的に60キロが許されるのは、基本的に中央分離帯があり、車道と歩道が明確に独立しており、さらに4車線である場合とされています。更に街中や道幅が狭い道路では30~40キロが上限になっている事も多いのです。


では実際に海外ではスピードが出し放題なのでしょうか?アメリカの場合では郊外であれば90~110キロと日本の高速道路並みのスピードを出す事ができます。しかし映画等で見るアメリカの広く一直線の交通量の少ない道路を考えれば納得できるでしょう。しかし高速道路にあたる、フリーウェイでも100キロ前後だという事ですから市街地の55キロ規制以外は日本の高速並のスピードで走れる事になります。意外なのがスピード出し放題のアウトバーンの印象が強いドイツです。実はアウトバーンでも速度無制限期間は20%にあたるごく一部です。それ以外は、郊外道路100キロ、市街地50キロ、住宅地30~50キロとなっており郊外の100キロを除けば規制の厳しさは日本と変わらないようです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿