洗剤で落ちない汚れ

納車されたばかりの新車には何かしらのコーティング剤などが使われていますが、自動車を走行を続けることによってどんどん皮膜が剥がれていって汚れや傷を防ぐことが出来なくなったり、水はけが悪くなってしまいます。水はけが悪くなるとボディーの表面に水分がいつまでも残ってしまい、水が蒸発した際中の成分が結晶化して水アカになってしまうのですが、水アカは自動車の塗装などに結びついて洗剤を使用しても取れなくなってしまうので、洗車を落とす際は何か別の方法で洗車を行う必要があります。果たしてその方法とはどのようなものなのでしょうか。
自動車の水アカを落としたいときには専用の水アカクリーナーを使用すると非常に綺麗な状態にすることが出来るといいます。水アカクリーナーには水アカの元となる成分を変質させて取りやすい状態にする成分や水アカを削り落とすコンパウンドなどを配合しており、これらを活用する事によって非常に綺麗なボディーを保ち続けることが出来ます。また商品によってはコンパウンドを配合していないボディーに優しいタイプや洗車直後の水が多く残っている状態でも使用する事が出来るタイプなど様々な商品が販売されているので、興味がある方は是非ご利用ください。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿