仕事で自家用車を使用するケース

多くの自動車保険では契約する時に車の使用目的を確認されます。それぞれの使用目的の区分によって使用頻度や事故のリスクが異なると考えられるため、それによって保険料も変化します。自家用車を仕事で使用することになった場合は、速やかに使用目的の変更を保険会社などに申し出ることが必要です。契約更新時や保険期間の途中であっても変更を伝えることが大切です。なぜならば、契約時に申し出た使用目的と事実が異なっていた場合に告知義務違反とされ、契約後に使用目的が変更されているにもかかわらず申し出なかった場合には通知義務違反に問われる可能性があるからです。このことによって契約が解除されたり保険金の支払いが行われないということも考えられますので注意が必要です。


雇われている会社から自家用車での仕事を頼まれた場合は、事前に保険費用や事故を起こした場合の補償などについて会社としっかりと話し合うことが大切です。基本的には自家用車であろうと社用車であろうと業務中に起こした事故については会社に責任があるとされています。これは民法によって規定されています。これには正社員だけではなく、契約労働者やパート、下請け関係の人も含まれます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿