手厚い補償に

現代では、車は日常生活でも仕事でも、欠かすことのできない位置付けにあります。
さて、個人所有の車を、会社の仕事に使っているケースは、実は少なくありません。
とりわけ、営業職の人に、そういった事例が多く見られます。
ただ、個人の車を社用でつかうのは、あまり好ましいこととは言えません。
というのは、会社の業務で自動車を使う場合は、すべて営業用の車とみなされ、一般の保険では何かあったときでも、補償の対象外になってしまうことが多いからなのです。
なお、通勤にだけ使っている、というのであれば、これは営業用とはなりません。
通勤用であれば、あくまでも会社へ向かっている、あるいは、自宅に帰るために使用しているのであって、業務に使用しているわけではないからです。
もし、業務として車を使っている場合は、営業用の自動車としての扱いをしなければなりません。


この場合、自動車保険対策を適切に行っておく必要があります。
家庭用の車の自動車保険と、業務用車両の自動車保険は、同じ自動車保険であっても、別個のものとして処理されています。
いうまでもありませんが、業務用の自動車保険に入っておくことが必須です。
家庭用の自動車保険のままで会社の業務のために車を使っていると、無保険で乗っているのと同じ状態だと言わなければなりません。
注意が求められるところです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿