駐車のしかたの違い

日本には道路交通法や運送に関する様々な法律が整備されており、自動車運転関しての規則が世界で一番厳しい国とも言われています。
そのため、海外諸国に比べると、安全性への配慮から交通ルールを守る人が多く、それはマナーにも現れています。
中国やロシアなどの場合、交通ルールは日本位比べて甘い点があり、また、ルールへのモラルが低いことがあります。


ロシアでは普通に多い光景ですが、駐車スペースに引かれた白線(黄線)などの車輌停車枠線が引かれていても、これを無視し、はみ出たり、斜めに駐車して、その結果、渋滞を引き起こすなど交通での問題が多く発生しています。
日本は海に囲まれた島国で、道路が海外に比べて狭く、そのことから交通規則が厳しく、自動車運転のマナーに対しても高いモラルを持つように指導されています。
スーパーマーケットなどの人が多く集まるところでは、多くの車が駐車するため、白線内にしっかりと駐車され、バックからの後退駐車が多いですが、海外では頭から突っ込むということが多いようです。
車の止め方によって、発進時にも支障が出るため、国土の狭い日本ではとくにモラルが必要となり、海外とは必然的に異なります。
また、交通の他にもコンプライアンスレベルが高いことからルールを守る人が多いです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿