友人の車が家族限定の保険

友人の車で事故を起こしてしまったけれど、友人の車の任意保険は家族限定だった。そのようなケースには保険の支払いはどうなるのでしょうか。
家族限定は記名被保険者とその配偶者、同居している子供や親族、別居している未婚の子供の範囲の人たちが事故を起こした際に事故の損害を補償されるものです。そのため、事故の規模が自損など少額で済むものなら、全額自費で損害を補償することも可能です。


しかし、事故の規模が大きく、自費での損害補償が難しいケースでは、自分の任意保険に「他社運転危険補償特約」がついているかどうかを確認しましょう。この特約は、他人の車で事故を起こした際に利用することができる特約で、自分の保険会社の保険で損害の補償を行うことができるのです。いくら事故を起こしたのが他人の車でも自分の保険会社の保険を利用しているので、次の更新からはノンフリート等級が下がってしまいます。また、自分の任意保険ではこの特約を付けていなくても、家族でこの特約が付いているケースがあります。「記名被保険者とその配偶者、同居している子供や親族、別居している未婚の子供」の範囲に当てはまる人が事故を起こした際にも利用できる特約なので、家族の任意保険会社に事故の補償をしてもらうことも可能なのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿