自動車保険の使用用途|「業務」とは

自動車保険に加入する際には、必ず、その保険に加入する自動車の使用用途を聞かれます。そしてその使用用途に基づいた保険料が決定されます。つまり使用用途によって、保険料が変わってくると言うわけです。これは自動車事故に遭う可能性が、やはり自動車を多く利用する用途、あるいは長い時間、長い距離、自動車を運転する用途であればあるほど高くなる傾向にあるためです。自動車保険の自動車使用用途は、主にみっつの種類に区分されています。


それが『日常・レジャー』『通勤・通学』そして『業務』です。また『日常・レジャー』と『通勤・通学』を合わせて『家庭用』として、それに対して『業務用』と言う区分を設けている保険会社もあります。しかし『業務用』と言われても、なかなか想像が難しいかもしれません。これにはきちんとした基準が設けられており、まずは主として、仕事に自動車を使用している場合、そしてそれが週に5日以上もしくは月に15日以上の場合です。更に車体に企業名などが広告文字としてペインティングなどがされており、その企業の仕事に自動車を使用する場合、そして記名被保険者が法人になっている場合です。たとえばサラリーマン時代は週末ドライバーだった。けれど脱サラをして、その自動車をほぼ毎日、業務にも使用することになったと言う場合には、自動車保険の契約更新時には勿論のこと、保険期間の途中であっても、使用用途の変更を保険会社に伝える必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿